ゆるむ

ハルヒとか

TOP | RSS | ADMIN
| OLD »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一番の宝物

ABSS。
なかなかキャラがつかめないまま書いてしまったので違和感を感じると思いますが……。
ユイひなです。始まり編。
気が向いたら続く。無理やり締めちゃったんで……。


『一番の宝物』


ガシャーン。

あ、やばいな。
公園で友達と野球をしていると、俺の打ったボールが民家に入っていった。
それに気付いたのは、何かが割れた音で。
多分……ガラスが割れた音だろう。

「おい、日向……」
「……取ってくるよ」

心配そうな友人に背を向けて走り出す。
あー、やっちまった。
にしてもこのシチュエーション、何か覚えがある気がする。
……ま、気のせいだろう。


家のチャイムをならすと、30代くらいだと思われる女性が出てきた。

「あの、すみません、ここにボールが飛んできたと思うんですが……」
「ああ。あなたの……」
「本当にすみません」
「いえ、いいのよ。ボールは部屋にあるから、ついてきてもらっても良い?」
「はい」

優しい人で良かった。
少しほっとして、その部屋に進む。
そして部屋に入ると、

「……お母さん、誰?」

女の子がいた。
ベッドに横たわっているピンク色の髪をした少女。

「そのボールの持ち主さんよ」
「あ……これ?」

そう言って少女はベッドの横に落ちているボールを見た。

「これ、あなたのだったんだ」

布団に入ったまま、動こうともしない。
布団から……出れないのだろうか。
俺は歩いて、少女の目の前へ行く。

「聞こえたよ」
「え?」
「あなたの笑い声」

にっこりと笑って、言った。

「いつも遊んでるよね、あの公園で」
「ああ……友達と、野球してて。うるさかったか?」
「ううん。楽しそうで、いいなあって思ってた」

つい、少女の体に目が行く。
具合が悪そうには見えない。
そしてさっきから見ている俺に気付いたのか、少し笑って、話し始めた。

「私、動けないの。ちょっといろいろあって……」
「そうなのか……」

気づいたら部屋にさっきの女性の姿はなかった。

「さっきの人、母親か?」
「うん。お母さん。お母さんにはいつも迷惑かけてばかり」
「名前は?」
「お母さんの?」
「違う。お前のだよ」
「私? ……ユイ」
「俺は日向。よろしくな」
「……うんっ」

ユイは笑って、言った。
調度いいタイミングで母親が入ってくる。
手にはお茶を持っていた。

「良かったら……」
「あ、ありがとうございます。……すみません、ガラス」
「いいのよ。気にしないで」

ユイの母親に貰ったお茶を飲んで、床に座らせてもらう。
ユイはねえねえ、と興味津津に俺に話しかけてくる。

「野球って楽しい?」
「ああ、すごく楽しいよ」
「ねえねえ、見てみたいな。野球やってるとこ」
「見せてやるよ」
「本当?」
「ああ、約束だ」

嬉しそうに笑うユイを見て、ユイの母親は涙をこらえるように下を向いて、部屋をまた出て行った。

「……ユイ」
「ん?」
「また来ていいか?」
「うんっ!」
「今度、外連れてってやるよ。それでさ、野球してるとこ見てくれよ」
「良いの? 友達に迷惑じゃ……」
「大丈夫だよ、そんな奴じゃないから」

その後もユイとたくさん話をした。
ほとんどが俺の話だったけれど、ユイは楽しそうに話を聞いてくれる。
ユイと話すのは、とても楽しかった。

「……じゃあそろそろ帰るか」
「また……また、来てね」
「明日、来れたら来るよ。何か美味しいもの持ってきてやる」
「ありがとう、楽しみ」

玄関に向かうと、ユイの母親がいた。

「今日は本当にすみませんでした……それで、あの」
「また、来てくださいね」
「えっ?」
「あの子、今日久しぶりに笑ったんです。いつもは申し訳なさそうな顔ばかりで……」

目に涙を浮かべて、ユイの母親は話す。

「……はい。また来ます。絶対」
「……ありがとう、ございます」

泣きそうな顔で、ユイの母親は俺にお礼を言った。
まさか、言おうと思ってた事を先に言われるなんて。

家に帰るまでに、明日はユイに何の話をしようかと考える。
ユイの笑ってくれる、元気になってくれる話を。
そうだ、俺の友達の話でもしようかな。
元気な女の子と、その女に惚れてるアイツと、小さくて可愛い女の子。
それといつも生意気だけれど一人だけには懐いているアイツ。
――あと、俺の親友の話とか。
スポンサーサイト

オリジナル。
夏っぽいのと青春っぽいのが書きたくなった。
書けてるかしら。
長いです。


『ソーダ色』


「空ってさ、ソーダ味のアイスみたいな色してるよね」
短い髪を揺らしながら隣を歩く幼馴染が言う。
「……ん?」
「青いってこと」
「じゃあそう言えよ」
「だってソーダ味のアイスみたいだなあと思ったんだもん」
歯を見せて『にしし』と幼馴染は笑った。
すると、制服のスカートを翻して、急に後ろを振り返る。
「どうしたんだよ」
「さっき通った駄菓子屋いこ」
「なんで」
「アイス食べたい」
「そこのコンビニじゃ駄目なのかよ」
すぐ隣のコンビニを指さして言う。
「ん……駄菓子屋がいい。なんとなく」
「はいはい」
俺も方向を変え、幼馴染と歩く。
駄菓子屋かあ。昔はこいつとよく行ったな。
「久しぶりだね、一緒に行くの」
同じ事を考えていたのか、幼馴染が言う。
「そうだな。一緒に帰るのも久しぶりだし」
家は隣だし、お互いの家で最近までも遊んだりしていたが
部活や補習の問題で学校から一緒に帰るのは久しぶりだった。
「もうすぐ夏休みだねー、今年も海行こうね」
「一番暑い日にな」
「わかったよ」
小さい駄菓子屋について、幼馴染はすぐに外に置いてあるアイスの入ったケースを開けた。
幼馴染の隣に立っていた俺に、ケースから冷気が漂う。
あー、涼しい。
「んー、これにしよう!」
幼馴染が選んだアイスは、ソーダ味とブドウ味の二つが入ってるアイス。
「一つあげるからさ、お金半分こしよう」
「いいけど」
「ありがとー」
俺が出した100円を握りしめて幼馴染は店員のところへ向かう。
……暑い。汗が勝手に流れ出す。
たった数秒幼馴染を待つだけでも、体の熱があがる。
「お待たせー」
「……涼しいとこ行こう」
「ん。じゃあ公園のベンチで食べよ」
駄菓子屋から2分ほど歩いて、公園へつく。
ちょうど影のできているベンチへ座り、息をついた。
「はい、どうぞ」
「どうも」
幼馴染からブドウ味のアイスを受け取って、口にくわえる。
すぐに食べないと溶けそうだな。
「はー、美味しい」
「暑いけどな」
「炎天下の下でアイスを食べるのもまた越ってものですよ!」
「そう思うか?」
「あんまり……」
と言って、幼馴染はアイスを舐め始める。
俺も黙ってアイスにかじりついた。
……半分、溶けかけている。
「ブドウ味少しちょうだい」
幼馴染が俺の服の裾をつかんで言う。
「じゃあソーダ味一口」
「はいよー」
幼馴染とアイスを交換して、一口食べる。
ブドウ味を食べた幼馴染は満足そうに笑って俺にアイスを返した。
俺もソーダ味を返そうとして、
ボトッ
「……」
「……」
沈黙。幼馴染のソーダアイスが溶けて、地面に落ちたため。
幼馴染は口を半開きにして落ちたアイスを見ている。
「……ご、ごめん」
「いや……うん、いや……」
勢いで謝った俺と、何を言いたいのかわからない幼馴染。
「……俺のやつ全部食べていいから」
「えっ、ありがとう!」
幼馴染に俺のアイスを渡すと、嬉しそうに食べ始めた。
結局どっちの味でも良いのか。
「あー、美味しかった。ごちそうさまでした」
全部食べて、アイスの棒をゴミ箱に放る。
「帰るか」
「ん、帰ろう。ありがとね、アイス」
「……いや、別に」
「んーふっふー」
嬉しそうに鼻歌をうたって幼馴染は俺の前を歩く。
「楽しいねー」
「そうだな」
「こういう時が一番好きだよ」
「ん、俺も」
「えへひへへ」
気持ち笑いをして幼馴染が俺の方へ振り替える。
「家まで競争しようぜ!」
「嫌だよ」
「強制発動!幼馴染限定競争権!」
「意味わかんねーよ」
「とりあえず、競争しよう。さきに家についたほうの家で遊ぼう」
「えー、今日家帰ったら寝ようと思ったのに」
「そっちが先に家についたら遊ばなくてもいいよ!よーいどんっ!」
勢いよく地面をけって幼馴染は走り出した。
そこで思いだす。そういえばあいつ陸上部だっけ。
正直、勝っても負けてもどちらでもいいけど幼馴染に負けるのは癪に触る。
幼馴染を追い抜かすように、俺も走った。

AIR SS『夢』

観鈴ちんのお誕生日です。
AIRのSSとかすごく久しぶり。書けるかな……。


『夢』


「宿題が出たの。補習の人への」
「どんな」
「作文。将来の夢について」
「小学校みたいだな……」
「どうしよう、往人さん」
「どうしようもなにも、書けばいいだろ」
「んー……」
珍しく観鈴が苦悩しているようだ。
『将来の夢』、小学生ならまだしも、高校生ともなると本格的に考えなくてはならない。
「将来の夢……。あ、お母さんと往人さんとずっと一緒に暮らす!」
「そういうことを聞いてるんじゃないだろ」
「……がお」
こいつの頭の中は花しか咲いてないのか。
「それに、晴子はまだしも、俺はいつかこの街を出ていく」
「……そっか」
「ずっと一緒なんて、無理に決まってるだろ」
「がお……」
ぱた、と顔を机に伏せる観鈴。
少し寂しそうな後頭部に指を跳ねる。
「あいたっ」
「夢、なんだろ」
「? うん……」
「それが『将来の夢』なら書いても良いんじゃないか」
何を思ったか、自分でもわからない。
金色の丸い頭を見ていたら、観鈴を慰めなくてはいけない気がした。
「いいの?」
「将来なんて、どうなるか分からないしな」
「……分かった、書く」
にはは、と嬉しそうに笑って観鈴はペンを走らせる。
タイトルは、『三人』
「できた!」
「早っ」
「読んで、往人さん」
観鈴から一枚の原稿用紙を預かり、目を動かす。

――私の将来の夢は、お母さんと、往人さんと、私でずっと一緒に暮らすことです。
往人さんは、夏休みになってから家に居候をしている旅人さんです。
往人さんは一緒に遊んでくれたり、誕生日をお祝いしてくれたりしました。
去年とは違って、とても楽しい夏休みになりそうです。
だから私は、ずっと楽しい毎日が続くといいなあと思って、往人さんと、お母さんと、三人で
ずっと一緒にいたいと思います。終わり。

「……まあ、いいんじゃないのか」
「にはは、観鈴ちん頑張ったっ」
作文を観鈴に返し、頭をなでてやる。
「わ、わわ」
「叶うといいな」
「――うんっ!」
叶う叶わないなんて別にして、俺は観鈴を精いっぱい楽しませてやろう。
そうしてやりたいと思った、夏の日常。

マイナーも書いてみる

練習作品……みたいな。

マイナー作品SS。
これは自分の大好きな『あっちこっち』という作品です。
キャラがつかめてないので、原作知ってる人が読んだらすごく違和感あると思います…。


あっちこっちSS『冬の熱』


冬らしい、とても寒い日だった。
アスファルトは凍っていて、姫は転んだりしないかと、つみきは心配する。
「つみき、おはよう」
つみきが後ろを振り向くと、そこには待ち伏せをしていた人物がいた。
「い、伊御……偶然ね」
待ち伏せしていたことを悟られないように、一生懸命偶然を装おうとしているが、伊御以外の人には
ばれてしまうような三文芝居だった。
「……くしゅんっ」
30分ほど前から立っていたので、ついくしゃみが出る。
「風邪?」
「……大丈夫よ」
伊御に心配はかけられない。
つみきの伊御にたいする想いから、嘘が口から飛び出た。
「あ、ちょっと待ってて」
そう言って伊御は少し先を走った。
「……」
置いて行かれたつみきはただただ落ち込むしかなく、凍ったアスファルトを見つめていた。
「あ、つみきさん。おはようございます」
「つみきさん、今日は伊御さんと一緒じゃないのん?」
後ろから友達の姫と真宵に声をかけられる。
姫は膝を軽く擦りむいていて、『やっぱり』とつみきは思った。
「つみき、お待たせ……って、姫と真宵。おはよう」
「おはようございます伊御くん」
「おはようなんじゃよ。伊御さん、そのコーヒーは……?」
伊御の右手にはコーヒーが握られている。そのコーヒーを伊御はつみきの頬に優しくぶつけた。
「つみき寒そうだったから。これ飲んでいいよ」
伊御に渡されたコーヒーを見て、つみきはかあっと顔を赤くさせる。
その光景を見て、姫と真宵も頬を緩めた。
「あ……あり、がとぅ」
「どういたしまして」
恥ずかしそうに伊御は笑って、つみきの頭を撫でた。

――瞬間、アスファルトは血に染まった。

終わり。


とくにオチもないのはいつものこと。ごめんなさい。
もっと練習します。

化物語 2


1はこちらです
新しいウインドウで開きます。


お出かけ 2


「暦お兄ちゃん」
当日、待ち合わせ場所には千石撫子がいた。
「やあ、阿良々木先輩」
「ああ、悪いな遅れて」
「そんなことない。まだ待ち合わせ時間の十分前だ。
さすがは阿良々木先輩だな。私たちを待たせないようにと配慮したのだろう」
「いや、そんなことよりさ……」
帽子を深くかぶり、白くて可愛いワンピースを着ている千石を指さす。
「どうして千石がいるんだ?」
「私が昨日誘ったのだ」
「昨日? 急だな」
「昨日偶然千石ちゃんと本屋で会ったのだ」
「暦お兄ちゃん、神原さんは悪くないの」
千石が神原の前に立って、神原を僕から庇うようにした。
なんだか、僕が悪者みたいだ。千石も狙ったわけじゃないだろうけど。
「あのね、昨日遊園地に行くって聞いて、いいなあって言ったら
神原さんが誘ってくれて、だから……ええっと」
「大丈夫、分かったよ千石」
「買いあさったBL小説を読んでいたら、阿良々木先輩に伝えるのを忘れてしまっていた。申し訳ない」
丁寧にお辞儀までして神原は謝ってくれたが、別に怒っているわけではない。
ただ戸惑っただけなのだ。そりゃ誰だってびっくりする。
「いや、いいんだよ別に。それより、遅れるぞ」
「おお、そうだ。急がなくては……千石ちゃん、走るぞ」
「お前には誰もついていけないからやめてくれ」

一時間電車に揺られて僕たちは大きいとも小さいとも言えない
普通の遊園地にたどりついた。
「人がいっぱいいるな」
「迷子になっちゃいそう……」
「神原、千石の手を繋いでてくれないか?」
「了解した」
もう千石も中学生だし、自分から迷子になることはないとは思うが
のまれそうなくらいの人がいる。はぐれたりすることはありそうだ。
迷ったら二時間は相手に会えそうにない。
「こ、暦お兄ちゃん」
「ん?」
「撫子の左手……その、迷子になったら大変だし……」
……ああ、なるほど。
「ありがとう千石」
千石の左手を僕の右手で握ると、千石は恥ずかしそうにうつむいたが
すぐにまっすぐ向き直って僕の手を握り返した。
なんか、親子みたいだ。
「よし、最初に何にのろうか。観覧車は最後だぞ」
「その前に昼食だ」
「だが阿良々木先輩、私は今すぐ遊びたくてしょうがないのだ」
子供だなあ……。目を輝かせている。
よく見ると、千石もきょろきょろと目を動かしていろんな物を見ている。
「……じゃあ先に少しだけ遊ぶか」
この言葉に一番喜んでいたのは神原だった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。