ゆるむ

ハルヒとか

TOP | RSS | ADMIN
|

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハルヒSS 『神様と超能力者』

『神様と超能力者』

その日は腹が立つくらいいい天気で。
窓を通して見る空はあまりにも綺麗だった。
だから、何かある気がして。
何かいいことが起こる気がして、家を飛び出した。
今日は部屋で本を読んでいようと思ったのに。外なんて大嫌いなのに。
それでも、外に出ずにいられなかった。

外に出て十分。僕は早くも家に帰りたくなった。
ほら、何もないじゃないか。
何を期待していたのだろうか。
普段は天気がいいからって外になんか出ないのに。
……外は嫌いだ。
人目のある場所が嫌いだ。
笑わないといけないから、大嫌いだ。
僕が笑顔の無いいつもの表情で歩いていると、前からよく知った人が走って近づいてきた。
「古泉君!」
いつも僕らを振り回してばかりの神様団長様。
彼女は笑顔で僕に近付いてきた。慌てて僕も笑顔を作る。
「やっぱり古泉君よね? よかった。人違いじゃなくて」
見たことのなに冷たい顔に彼女は驚いたのだろう。
僕だって鏡を見て思う。『これは本当に僕なのか?』って。
「よかったわ、知ってる人に会えて。ちょっと相談があるの」
「何でしょう?」
彼女が僕に相談?
あまりにも似合わなく、僕は少し笑った。
「実はね、知り合いがもうすぐ誕生日なのよ。その知り合いってのが男で……」
「プレゼント選びをお手伝いすればいいのでしょうか」
「そう! さすが古泉君。それをお願いしたいの」
知り合いとは誰だろう。彼の誕生日はまだ先のはずだ。
「よろしいですよ。僕も今日は暇ですし」
彼女は僕の返答を聞くと、顔を晴々とさせて「ありがとう古泉君」と、微笑んだ。

「古泉君だったら何貰うと嬉しい?」
「そうですねえ……腕時計やハンカチなどでしょうか」
「そう……男の人ってそういうのがいいんだ」
腕を組んでうんうん、と頷く彼女は頭の隅で何かを考えているようだった。
「お菓子とかは?」
「僕は嬉しいですよ。手作りだとさらに」
「そっか、嬉しいか……」
さっきから質問に答えるたびに彼女は腕を組んで頷く、そして何かを考えるような表情になる。
そしてまた聞いてくる。同じ行動を僕らは繰り返していた。
「あっ、クレープ屋さん。古泉君、何か食べない?」
晴天の空が映る目を彼女は輝かせている。
「いいですねえ、おごりますよ」
「それはダメ! あたし奢ってもらうの苦手なの」
いつも彼に『罰金! おごりよおごり!』と言っている涼宮さんの顔が浮かんだ。
気を使われているのだろうか。
メニューを真剣に眺めている彼女の顔を見て、自然に僕は笑っていた。
「古泉君! 早く早くー」
彼女も笑っていた。

クレープを食べた後、アイスを食べた。
アイスを食べた後、たこ焼きを食べた。
たこ焼きを食べた後、ファーストフード店に入ってハンバーガーを食べた。
ファーストフード店の隣にあるドーナツ屋で、おみやげを買った。
そして最後に、プリクラを撮った。
たったそれだけの一日だった。
「今日はありがとうね、古泉君」
空がオレンジ色に染まるころ、僕と彼女はそろそろ帰ることにした。
「こちらこそ、すごく楽しい一日でしたよ。ところでプレゼントはよかったのですか?」
彼女は知り合いに誕生日プレゼントを買うと言っていた。
でも彼女が今日買ったものはクレープやアイスやたこ焼きや……食べ物ばかりだった。
「うん、明日また買いに来るわ」
「すみませんお役に立てなくて……」
「気にしないで。古泉君と食べ歩きするほうが楽しいと思ったから買わなかったんだもの」
オレンジ色に染まっている彼女の目が、僕の目を見ている。
「今日すごく楽しかったわ。ありがとう」
ゆっくりと、優しく彼女は微笑んだ。
「今日の古泉君の顔、いつもより好きよ。いつもより優しそうで」
じゃあね、とすぐに彼女は走り去っていった。
空の色のせいか、彼女の顔が少し赤くみえた気がする。
今日の彼女は、どこかおかしかった気がする。
いつもは言わないようなことをたくさん言っていた。
「ほっぺにクリームついてるわよ」「古泉君って子供っぽいとこあるのね」
「あ、今の笑顔よかったわよ」「元がいいからね。笑うともっといいわよ」
「古泉君、プリクラ撮らない?」「笑って古泉君」
……今思うと、母親みたいだ。
くすくす、と思い出し笑いをする。
もしかしたら、僕がいつも笑ってないのを知っていたのかもしれない。
ポケットからさっき撮ったプリクラを取り出す。

笑顔だった。僕も彼女も。



終わり
スポンサーサイト

ハルキョンSS 『空色いろえんぴつ』

「あたしね、水色がいちばんすき」

「へえ、どうして?」

にっこり笑っていた彼女の顔を、あたしは今は恨んでない。

「だって、空の色みたいだもん!」

今さら思う。あたしはまだ、子供だった。


――空色いろえんぴつ

「小さい頃、50色の色鉛筆を貰ったことあるわ」
あいつと二人きりの部室で、ふとあたしは言葉を発した。
あいつは頭にはてなを浮かべてあたしを見ている。
「クリスマスプレゼントでね。あたしが欲しかったのは別のものだったのに」
カチッ、とパソコンの電源を入れる。最新のものだから起動音はあまりしない。
「別のものって何だ?」
あいつはあたしに面倒くさそうに答えた。
「香水よ。子供のころすごく憧れてたの。きらきらしてて、いい匂いのする魔法の瓶だと思ってたわ」
パソコンの画面から目をそらしてあいつを見ると、目を細めてあたしを見ていた。
そんなに変な話をしてるだろうか。確かにいきなりだったし、あたしは勝手に話し始めてしまった。
でも、昔を急に思い出して、誰かに聞いてほしかった。
「でも親がくれたのは50色の色鉛筆。あたしはすごくがっかりした」
両親の顔を思い出す。最初に、今は空に居る母親の顔を。
そしてあいつに話をしながら、あたしは当時のことを思い出していた。

「いろえんぴつ? これだけ?」
母親は不機嫌なあたしの顔を見て笑った。
「そうよ。50色の色鉛筆。ハルヒの好きな空色も、たくさんあるよ」
ほら、と母親はたくさんの青色系統の色鉛筆を出した。
あたしはずっと笑っているその母親に、何も理解してくれない母親にカッときて、

「こんなのいらない! なんで何にもわかってくれないの!?
お母さんなんて嫌い! 空色なんて……大嫌い!」

「……そのあと、お母さんはあたしの喜びそうなものを買いに行くと言って……そのまま」
「死んじゃったのか」
あいつはいつもと変わらない声で言った。
気を使う様子も、同情している様子もない。
逆にあたしは安心した。
「そう。あたしはすごく恨んだわ。あたしを理解してくれなかった、あたしに謝らないでいなくなった。って」
じわりと目に涙が浮かぶ。
「……バカみたい。自分のせいなのに。あたしのせいで死んじゃったのに」
頬を何かが伝わる。あたしは今泣いてるのかな。
キョンは座っていた席を立ち、あたしに隣まで歩いてきた。
「今も嫌いか? 水色……空色が」
「……わかんない」
あたしの答えにキョンは笑う。
「そうか。俺は好きだぞ、空色。昔親戚に『空みたいだ』って言われてから好きになった」
見たことのない笑顔でキョンは言った。
こいつの笑顔は、初めて見た気がする。
「確かにあんたは空みたいね」
あたしもつられて笑った。
あいつみたいに、空のような笑顔はできなかったけど。
「……あたしも好きかも、空」
「そうか。よかった」
「空の色も好き」
涙を拭いて、あたしは空のような笑顔を作る。
いや、自然にそのような笑顔になった。

「だって、あんたみたいだし」


終わり

涼宮ハルヒちゃんの憂鬱

www_dotup_org11137.jpg

^^

www_dotup_org11140.jpg

(^ω^#)

www_dotup_org11146.jpg

あああああああああああああああああああああああああああ

キョン「姉がほしい」

自分の書いたSSです
結構気に入ってるのでまとめてみました
最初で最後のまとめだと思います


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。