ゆるむ

ハルヒとか

TOP | RSS | ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化物語 2


1はこちらです
新しいウインドウで開きます。


お出かけ 2


「暦お兄ちゃん」
当日、待ち合わせ場所には千石撫子がいた。
「やあ、阿良々木先輩」
「ああ、悪いな遅れて」
「そんなことない。まだ待ち合わせ時間の十分前だ。
さすがは阿良々木先輩だな。私たちを待たせないようにと配慮したのだろう」
「いや、そんなことよりさ……」
帽子を深くかぶり、白くて可愛いワンピースを着ている千石を指さす。
「どうして千石がいるんだ?」
「私が昨日誘ったのだ」
「昨日? 急だな」
「昨日偶然千石ちゃんと本屋で会ったのだ」
「暦お兄ちゃん、神原さんは悪くないの」
千石が神原の前に立って、神原を僕から庇うようにした。
なんだか、僕が悪者みたいだ。千石も狙ったわけじゃないだろうけど。
「あのね、昨日遊園地に行くって聞いて、いいなあって言ったら
神原さんが誘ってくれて、だから……ええっと」
「大丈夫、分かったよ千石」
「買いあさったBL小説を読んでいたら、阿良々木先輩に伝えるのを忘れてしまっていた。申し訳ない」
丁寧にお辞儀までして神原は謝ってくれたが、別に怒っているわけではない。
ただ戸惑っただけなのだ。そりゃ誰だってびっくりする。
「いや、いいんだよ別に。それより、遅れるぞ」
「おお、そうだ。急がなくては……千石ちゃん、走るぞ」
「お前には誰もついていけないからやめてくれ」

一時間電車に揺られて僕たちは大きいとも小さいとも言えない
普通の遊園地にたどりついた。
「人がいっぱいいるな」
「迷子になっちゃいそう……」
「神原、千石の手を繋いでてくれないか?」
「了解した」
もう千石も中学生だし、自分から迷子になることはないとは思うが
のまれそうなくらいの人がいる。はぐれたりすることはありそうだ。
迷ったら二時間は相手に会えそうにない。
「こ、暦お兄ちゃん」
「ん?」
「撫子の左手……その、迷子になったら大変だし……」
……ああ、なるほど。
「ありがとう千石」
千石の左手を僕の右手で握ると、千石は恥ずかしそうにうつむいたが
すぐにまっすぐ向き直って僕の手を握り返した。
なんか、親子みたいだ。
「よし、最初に何にのろうか。観覧車は最後だぞ」
「その前に昼食だ」
「だが阿良々木先輩、私は今すぐ遊びたくてしょうがないのだ」
子供だなあ……。目を輝かせている。
よく見ると、千石もきょろきょろと目を動かしていろんな物を見ている。
「……じゃあ先に少しだけ遊ぶか」
この言葉に一番喜んでいたのは神原だった。
スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL » for FC2 user
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。